国産漆、国産漆器、各種漆塗装、修理からウルシの植樹まで、漆のことならなんでもご相談ください。

国産漆の産地ならではの手仕事、浄法寺漆器。

岩手の素材で作ったふつうのお椀。「巖手(いわて)椀」と名づけました。
 
巖の字を使ったのは「崖の上に神への祈りの文である祝詞を入れる器を二つ並べた儀礼を表している(白川静「字統」)」ことにあやかっています。
 
もちろん岩手の「巖」でもありますが、厳しい自然の中で木を育て、
漆を掻き、職人が数ヶ月の時間をかけて完成させたその風土から生まれたお椀という意味合いもあります。
人の「手」によって作られ、「手」で持つ器という意味も期せずして含まれます。
 
木地の原料となる広葉樹が豊富にあり、漆産地・岩手の大地の恵みから生まれた本格的なお椀です。
楽天市場「浄法寺漆本舗」にて好評販売中です。