巖手椀

岩手の厳しく、優しい風土から生まれた、新しき椀。


 
地元・浄法寺産の漆をふんだんに使った、安心して毎日使える丈夫な漆器です。日々のお食事が豊かに楽しくなりますよ!
 
毎日使うことで生まれる、本物の漆の艶を堪能できます。
浄法寺の漆器は「作り手7割、使い手3割」で完成されると言われています。

一般に漆器は扱いづらいと思われがちですが、
浄法寺の漆器は日常的に使うための器として
つくられています。 

漆を塗っては乾燥させたあとに研ぎ、それを何度も何度も繰り返すのです。
見た目には分かりませんが,相当の工程を経て完成させます。

在庫状況によっては、恐縮ですが お届けまでに3ヶ月から半年ほどお待ち頂くことがあります。