国産漆の産地ならではの手仕事。漆を活かす。

岩手の素材で作ったふつうのお椀。「巖手(いわて)椀」と名づけました。
 
巖の字を使ったのは「崖の上に神への祈りの文である祝詞を入れる器を二つ並べた儀礼を表している(白川静「字統」)」ことにあやかっています。
 
もちろん岩手の「巖」でもありますが、厳しい自然の中で木を育て、
漆を掻き、職人が数ヶ月の時間をかけて完成させたその風土から生まれたお椀という意味合いもあります。
人の「手」によって作られ、「手」で持つ器という意味も期せずして含まれます。
 
木地の原料となる広葉樹が豊富にあり、漆産地・岩手の大地の恵みから生まれた本格的なお椀です。
 
 
巖手椀(中)朱、溜  各税込 10,260 円
 

 

 
 

浄法寺の椀

普段使いに適した、丈夫でシンプルな風合いのお椀です。贈り物にも喜ばれています。

浄法寺の酒器

お酒好きが多い浄法寺ならではの酒器文化。美しい片口と盃で地酒を飲むのは格別です。近年はニューヨークでも話題になっています。

浄法寺のお箸

美しく、深みのある艶が特徴の塗箸です。もちろん地元の浄法寺漆を使用しています。飽きが来ない、定番のお箸です。