国産漆、国産漆器、金継ぎ、各種漆塗装・修理
 
浄法寺漆産業は盛岡市、花巻市のふるさと納税返礼品登録事業者です。
 
ウェブで簡単ふるさと納税さとふる

ウェブで簡単ふるさと納税さとふる

未設定未設定金継ぎ(きんつぎ kintsugi)は、漆を用いて割れた陶磁器などを直す技術です。
縄文時代から日本人は漆を使って器を直して使ってきた歴史と文化があります。
漆は優れた接着剤、可塑剤でもあります。
天然素材を用い、しっかりと直すことができ、末永く使うことができます。
当店では金継ぎ修理のご依頼を承っています。お気軽にお問い合わせください。 
 
 
 
2022.4.23 ウクライナ支援金継ぎが 岩手日報で紹介されました。
2022.3.28  ウクライナ支援金継ぎが 盛岡経済新聞で紹介されました。
 
 
ウクライナ支援の金継ぎを始めました
 
ロシアに侵攻されたウクライナの現状に心を痛めています。
当社として何か貢献できないか考え、金継ぎの収益の一部を日本赤十字社へ寄付することとしました。
ご希望に応じて、ウクライナの国旗の青と黄色を漆と金粉で表現します。
海外でもKintsugiの認知度が高まっています。
 
国連のグテーレス事務総長、国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長は、
スピーチで金継ぎを取り上げ、世界の融和を説いています。
 
壊れた器を丁寧に金継ぎで修理すれば元通りになり、新たな美が生まれるように、
ウクライナにも必ず平和が訪れ、一層豊かな国になると確信しています。
 
金継ぎの精神で平和的な解決が実るよう、心から願っています。
 
 

 
 
「角杯」が2020年度グッドデザイン賞を受賞
 
 
Facebookページで定期的に最新情報を更新しています。「いいね!」をお願い致します。
「葆光(ほうこう)」とは、ほのかに内に秘めた光のこと。
古代中国の思想家・莊子は漆園を管理する役人でした。
「葆光」は莊子の文章に頻繁に登場します。
宝石のような派手な光ではなく、漆器の艶のような奥ゆかしい光
そのような漆の葆光を岩手から世界へ発信していきます。

浄法寺漆産業は持続可能な開発目標(SDGs)達成のために、漆産業の活性化を通じて貢献します。

浄法寺漆産業は日本航空様のご支援をいただき、
新・japanプロジェクトを通じて
国産漆の保全、継承を行っています。
 
JALのWebサイトでインタビュー記事が掲載されました。
 
 

山口県の萩ガラスと漆の融合。「ウルシトグラス」シリーズ、グッドデザイン賞を受賞。


 
 

ヤフーショッピング、BASEにて漆、漆器を販売しています

 

岩手の漆は国産漆の「最後の砦」と言っても過言ではありません。

国内で使われている漆の約95%は中国産漆で、国産はわずか5%。
縄文時代早期(約9,000年前)からの長い歴史を持つ日本の漆の伝統は、
残念なことに「風前の灯」となっています。

それは、自然由来の優れた資源である漆の魅力が忘れ去られ、知られていないことも一因です。

こんなに魅力的な素材を失ってはならないと漆文化の継承と革新、そして漆産業の振興を願い、起業しました。

岩手という豊かなフィールドで、漆というクリエイティブな素材に出会えたことを感謝します。


株式会社浄法寺漆産業 代表取締役社長  松沢 卓生

What's New

  • 2022.9.29 本社を盛岡市仙北二丁目1-20に移転致しました。
  • 2022.8.1 うるし用希釈洗浄液「オールクリーンJ」を新発売
  • 2022.5.25  手指消毒エタノールの取り扱いを開始しました。
  • 2022.4  ウクライナ支援金継ぎが各種媒体にて紹介されました。

当社について

お問い合わせ

English Page